こなたび〜世界一周編〜

2018年4月9日から世界一周。世界一フットワークの軽いライブキッズになる!

地獄の道のりを超えて憧れのマチュピチュへ!


109日目(再開9日目)

2/17

前日書いた通り、疲れて即寝てしまったので、バスチケットも帰りの電車も取ってない。
強制歩きルート決定!

ところで起きてゾッとしたんだけど、わたしカギかけないで寝てた。
アホ過ぎる…貴重品も広げまくりだったのに!
電気もつけっぱだったから逆によかったのかな…
ほんと反省。

4時半頃宿を出て、マチュピチュ村からマチュピチュまでの登山ルートを探すも、場所がわからない!
バス乗るつもりだったしなあ。

一度宿に戻ってWi-Fiにつなぎ、検索!
暗闇の中を歩く…


本当にマチュピチュに行くんだなあ…と感慨深い。

ゲートへ丁度5時頃到着!
結構並んでる!

ここで気づいたんだけど、昨日の昼から何も食べてない…!
空腹で登山とか絶対ダメじゃない?
宿のチェックアウトのとき誰もいなくて確認できなかったけど、朝ごはんついてなかったのかな…

チケットとパスポートがゲートで確認されるんだけど…なんか止められた!
これじゃダメって!
なんで⁉︎
焦ってネット予約のメール確認してたら、3,4人後に入れてくれた。
安心…。

山を登る!

そして橋を渡り、登山の入り口へ!
登山と言ってもほとんどが階段。
登り始めたのが5:10。

…しんどい!

1時間じゃ無理だわたし!
そして5:30位には明るくなってきたけど、それまで真っ暗。
スマホのライト使ってたけど懐中電灯あった方がいいかも。

体力には自信あっても、標高高いしすぐ息が上がるし、ほんとにしんどい。
ちょっと登って休憩して…の繰り返し。


ずっとこんな石段。

なだらかな登り坂はがんばれるけど、階段ほんとにつらい…。


矢印でてた。

後半、前日も会ったせいかちゃん達に会えてラストスパートがんばる!

6:50頃、ようやくマチュピチュの入り口に到着!
1時間40分かけて登りきった!
普通の健康な人なら1時間、普段運動不足だったら2時間近くかかるらしい。

うう…運動せねば…

わたしは6時代のチケットだったのでここでみんなとお別れして入場。

中に入ると、また石段…。
でもまあここまで頑張ってきたし!

ザ・マチュピチュ!みたいな景色を見るには、石段を登ってちょっと行った先にある階段を上がります。
そうするとすぐにテレビやパンフレットで見てきた例の景色が!

しかし、しかしですよ。

わたしと同じタイミングで入ったみんな、この階段のぼらずにまっすぐ進んで行く。

この時点で正しい道がわからないわたしは、もちろん彼らについてまっすぐ進んで行きます。
さっきまでの登山に比べるとまだ楽だけど、それでも石段が多い辛い山道。
この道を1時間ほど進んだあたりで…

いや、絶対こっちじゃないよね?

なんか、変な(めっちゃ失礼)遺跡にたどり着いたけど…
下の方とか、霧でなんも見えんわ!





来た道を逆戻り。

さっきの階段に登って、ようやくようやく…

憧れのマチュピチュ!!!



うわあああ!
見たことある景色が広がってる!



撮ってもらった!
ここに立つ日が来るなんて…
ビビるわ。



旅の相棒、ひとつめちゃんとポストも。



リャマもたくさん。


うさぎ人間も現れました。
まわりの観光客が笑いながら写真撮ってたな。


どんどん霧が出てきて…


あっという間に真っ白。
この後も見えたり見えなかったりの繰り返し。


中も歩いた!


昔、世界不思議発見!でマチュピチュの特集してたとき、マチュピチュのトイレが出てきたのがものすごく記憶にある。



めちゃくちゃ堪能しました!
そして、ここでクラウドファンディングのリターンの動画を何本か撮ってたんだけど、わたしが今ここに立ってるのは本当にみんなのおかげだなあと思ってなんだか泣きそうでした。
みんなのおかげで見れた景色です。


「あー、はいはいマチュピチュね。」とか「正直写真で見過ぎで、期待し過ぎた」とかたまーに聞くんですよ。たまーーーに。

でもやっぱりわたしにとってのマチュピチュは初めて行きたい!と憧れた世界遺産で、遺跡や世界遺産に興味を持つキッカケになった場所。

本当に来たかった場所だから、クスコ行きの飛行機がリマに戻ったときも、チケットが取れなかったときも(実は一度マチュピチュの入場チケット取るの失敗してる)めちゃくちゃ不安で、なんならマチュピチュ入場してからも道を間違えて1時間も別の道歩いてるときも「テレビとかで見てたあの景色は見れないのかな…」って気持ちしかなかった。


だからこの景色を観れて本当に感動したし、旅に出てよかった!って思えたよ。
書いてて色々思い出して泣けてきた。
本当にありがとうございます。

ただね、マチュピチュにいる日本人、グループでいる人がほとんどだったんだ。
写真撮りあったり、たのしそうだったんだ。
わたしもまた次来ることがあるなら誰かと行きたい!

帰り道もとにかく歩く


ここからが更なる地獄の始まりです。

来るときに1時間40分かけて登ってきた階段を下って行きます。

しかも雨が降ってるから滑る!

上の遺跡で少し話した親子と再会して写真撮ったりなんかしながら、ゆっくり下山。


外国の方って写真撮りたがるのに全然笑ってくれないよね。
このお母さんから写真撮ろーって言ってきたのよ?


わたしが「海外きて外国の方ともふれあってますよ!ふぅー!」みたいな写真撮りたいだけみたくなってるやん!
なんなの?笑顔で写真に写ると魂抜かれるとかって迷信でもあるの?
あれ、ほんとにあるんだっけ?
聞いたことがあるような無いような…。

帰りはなんと50分で下ってこれました!
やはり登りの方がしんどい。

行きは暗くてわからなかったけど、こんな看板があった!
緑の道を登りました!

そして、列車でバンの集合場所まで行くはずだったのにチケットを購入しなかったわたしは再びスタンドバイミーコースを歩くのです…。

行きは3時間かかったけど、今回は2時間半ちょっと!

そのあとすぐ空いてるバンに乗ることができてラッキー!

…と思ったのもつかの間。

このバンが、めちゃくちゃ寒い。

隙間風がものっすごいし、窓の隙間から水が流れてくるし…

そして極め付けは霧。
ものっすごい濃霧。
対向車線から向かってくる車なんて、直前までライトが見えないんですよ。

その道をびゅんびゅん飛ばす。

すぐ右は崖、左は対向車。

…生きてる心地がしねえ

寒くてみんな、持ってた防寒具を着込む。
マチュピチュの頂上より寒い気がする…!


このバンで6時間…
地獄…!!!

それでもなんとか21時頃にバンはクスコへ。
ここで再び、前日のランチから何も食べていないことを思い出す。

いや、マチュピチュ登る日に何も食べないとかアホすぎる!

思い出して急にお腹がすいたので、この日くらいは…と奮発することに。

クスコの日本食レストランKINTARO

もともと知っていたわけではなく、宿の方は歩いていたら外で客引きのお姉さんが立ってて。

一度はスルーしたけど、日本食食べたいな…と思って戻ることに。
お姉さん寒い中本当におつかれさま…。




店内とてもキレイ!
めっちゃ高かったらどうしよう…と若干ビビる。


メニューも色々あるけど、選んだのは…

カツ丼とお味噌汁!
こちらで38ソル(約1265円)。
今日は奮発!
食べたい時に食べたいものを食べるのです!

海外の日本食、カツ丼はハズレなし…のはず!
とっってもおいしい!
米が…米が染み渡る…!

お味噌汁は、若干すっぱい…?
でも、冷え切った身体にはとてもうれしい。

そんなこんなで宿は戻って22時。


ここで、ある決断をしなければなりません。
それは、レインボーマウンテン に行くか行かないか。

ペルーアウトのチケットは取ってしまったので、行くのなら翌朝4時集合のツアーに参加しなければいけない。

でも正直身体がしんどくて、風邪ギリギリ手前みたいになってて。
ここで睡眠時間もあまり取らずにウユニより標高も高くてしんどい山なんて登れるのかなって。

わたしがこの旅で決めてること。

絶対に無理しない。
ちゃんと日本に帰る。

行きたかったレインボーマウンテン。
でも、今回はあきらめることにしました。

くそー、行きたかった!


でも、やっぱり大変な思いをしてマチュピチュに行けて、本当に良かった。
雨だったしわたしの写真じゃ全然伝わらないかもしれないけど、思い入れのある場所です。

辛かったし何度も早く帰ってお風呂入りたいって思ったけど、登りきってよかった。

行った人にしかわからない特権だよね。


って思ってたら。



やりやがったなあんにゃろう




マチュピチュ行きたい!って人も
アフロなんやねん!って人も

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ポチッと応援お願いします!