こなたび〜世界一周編〜

2018年4月9日から世界一周。世界一フットワークの軽いライブキッズになる!

バラナシの火葬場は想像よりものんびりした場所だった

【世界一周 77日目】

6月24日

 

無事にバラナシ駅に到着して、リキシャに乗って宿へ!

 

コルカタでもお世話になった、日本人宿サンタナ

 

f:id:konatabi:20180706133849j:plain

 

狭い路地を歩かなきゃいけないんだけど、そこかしこに牛が、、、

そして牛のフン!

 

f:id:konatabi:20180706135803j:plain

思い描いてたインド!

 

 

さっそくカレー食べてちょこっと歩いたあと、つかれて宿でまったり。

 

 

夜は火葬場を見に行くって言ってたひとがいたので、着いて行くことに!

 

ガンジス川の火葬場

 

バラナシだけではなく、ガンジス川沿いにはたくさんの火葬場があるそう。

ヒンドゥー教の方々にとってここで火葬されてガンジス川に流されるのは特別なこと。

亡くなったひとは全員火葬にするってわけではないみたい。

こどもとか妊婦さん、蛇に噛まれたひととかはそのまま川に流されるんだって。

 

 

 

 

一緒に行ったりかちゃんとけいた君、そしてついさっき出会ったけんた君

f:id:konatabi:20180706135253j:plain

 

後日撮ったけんた君

 

f:id:konatabi:20180706135534j:plain

 

けんた君も世界一周中。

自分でショップを立ち上げて、バイヤーとして世界をまわってる。

しっかり者なんだけど、最初出会った時はバラナシで沈没してるひとかと思ってたよ、、(^ω^)

けんた君が買い付けてたピアス、めちゃくちゃ可愛い!

 

 

けんた君もブログもインスタもやってる!

わたしも登場してるのでぜひ見てみてください\( ˆoˆ )/

世界一周への挑戦 | Journy in all over the world

www.instagram.com

 

 

ガンジス川!

f:id:konatabi:20180706135205j:plain

 

自分の人生が、ガンジス川に来れる人生でよかった。

ずっと映像とかで見てた景色でも、その場に来ると全然ちがうや。

VRとかがどんだけ発達しても、実際にその場に立ったときの感動はやっぱり行かないと味わえない。

「行かなくてもいいじゃん」は、行ったひとじゃなく行かないひとの言葉だ。

 

 

火葬場は撮影禁止。

火葬場っていっても建物があるわけじゃなくて、あちこちで火が上がってて火葬の準備をしてるだけ。

思ったよりのんびりした雰囲気。

というのも、女性は過度に悲しんだりして神聖な雰囲気を壊すということで、火葬には参加できないんだって。

 

毎日たくさんの遺体が灰になる。

亡くなって24時間以内に火葬しないといけないらしい。

 3000年、ずーっと燃え続けてて、たくさんの遺体が運ばれてくる。

 

薪代が払えず、半分燃え残った状態で川に流されるひともいるらしい。

亡くなってからも貧富の差はえげつない。

 

 

わたしは、大切なひとが亡くなったときに火葬に立ち会えないのは嫌だなとおもった。

空に昇って行く煙を見たいし、悲しくなって取り乱すとしても、それを許されないのはつらいな。

 

ガンジス川の火葬場は、早く立ち去りたいけどずっと見ていたくなるような不思議な空間でした。

 

 

 

 そのあとは案内してもらって、建物の上からプージャっていうお祭りを眺めた。

 

f:id:konatabi:20180706135334j:plain

 

案内してくれたインド人の方と!

f:id:konatabi:20180706135711j:plain

 

 

宗教ってすごいな。

旅に出てから語彙が乏し過ぎる。

でも、すごいもんはすごい。

 

 

夜は宿に帰ってみんなでサッカー観戦。

日本人宿っぽいよね!

 

f:id:konatabi:20180706135729j:plain

 

 

ガンジス川行ってみたいなってひとも

火葬すごい!って思ったひとも 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

ポチッとお願いします!

 

いつもポチッとありがとうございます!

めちゃくちゃ励みになる!